12月高尾月例W (39 堀川義夫)

今月の月いち高尾は、12月の恒例となった野外料理メインのワンデリングで、22名(当日キャンセル2名)参加。新顔は47年の関谷、伊川両君でした。

12月21日(木)、例によって高尾登山口駅に午前10時集合。人数も予定では24名となり、野外料理の関係もあり6名づつ4班に編成して各班ごとに我らが秘密の会場へと向かい、堀川は鍋釜、卓上コンロ、食材等々で15㎏超となり、一人ケーブルカーで会場へ向かう。早い班は11時半ごろ目的地に到着、時間のある方は荷物を置いて薬王院、高尾山頂上へ。ゆっくり組は料理の準備等々、12時30分からの開始に合わせて個々に気持ちの良い冬の高尾を楽しみました。

今日の食材は,女川から直送してもらった4㎏のカキを様々なメニューで食べる「カキづくし」と川名さんの手打ちうどん、

牡蠣のアヒージョ

焼き牡蠣
恒例クリスマスケーキ

他に西澤さん提供の下仁田ネギ、吉牟田さんのゆず、良子さんの虎屋の羊羹、卓上コンロ5台、土鍋とコッフェル等々、山の中とは思えない食材、火器、鍋釜が揃いました。この辺の皆さんの食に対する執念は凄いものです!!

生牡蠣とめかぶ
牡蠣と春菊のソテー

適度の酒と適度の運動で心地よい時間を過ごすことが出来ました。野外料理を食べつくし満足の体で何時もの天狗飯店へ。天狗飯店ではさすがに食べるメニューは少なくしましたが、飲物は普段通り。途中、大塚さんが飛び込んできて一層盛り上がりました。最後はジャイさんが用意してくれたクリスマスケーキとコーヒーで総仕上げ。完了!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です