三国山荘についての意見 (47 関谷誠)

ジャイ先輩ご提唱のKWV挙げての平成年代最後と思われる"国民的議論"に参戦させていただきます。

今までの「ふみあと」を読み返すと、山荘に絡む課題は、初代山荘建築以来60年にわり俎上にのぼっており、結論無き議論だと、はなから内心思うものの、敢えて、"国民的議論"の切っ掛けとして一言二言。

何はともあれ、三国山荘は"現役ありき"で存在するものだと言いたい。1970年の初代山荘焼失後の再建に現役として関わった一人である。当時、何人かの先輩から、開発された浅貝からもっと山奥に山小屋らしいものを作ったらどうか、浅貝はOBがOBの為に再建するとの話もあった。そんな中、オールシーズンでの利用を議論したか定かではないが、少なくとも、部員が140~50人がいた時代、春の五色での春合宿のスキーツアーに初心者でも参加し得る苗場でのスキー強化、積雪期登山の訓練の為の浅貝BH等々、大人数を収容出来、アクセスの良い浅貝に再建するとの結論だった。これもあくまで当時の"現役ありき"での判断だった記憶する。

1994年の現山荘新築にも、一OBとして関わったが、最大の議論は、現役が本当に三国山荘を必要としているかだった。当時、1年生だったW君の涙の訴えもあり、"現役ありき“での前提が新築しようとの結論だった。新山荘は、確かに、OBの使い勝手、快適さも考慮されたと思うが、何はともあれ"現役ありき"が大前提だった。

現4年の渡邊君の投稿で、山スキーなり雪山登山のBC地として山荘は今でも重要だと知って嬉しい限りである。幾ら部員数が減り、"ジャンル別ワンデルング"とかの活動になったとしても、渡邊君の様な"小舎バカ!"がいる限り"現役ありき"の山荘でなければならないと考え、サポートして行きたい。

とは言え、山荘維持の為の労力と費用は大変だ。現役にとり負の遺産とならないようにどうすれば良いか。具体的な回答はないが、小生の短絡的思考で言うと以下が考えられる。

現在のKWV三田会の資産は、山荘積立金を含め、約33百万円あるようだ。年間の必要経費は、「ふみあと」作成代等々を含め、約2.5百万円。この年間予算は、単純計算で、年5千円のOB会費を500人から徴収すれば賄える。今後、会費免除会員が増えたとしても、KWV最後の団塊である小生の47年卒が免除となる約10年後までは回して行けるだろう。今後、「ふみあと」の配布部数も確実に減るだろうし!

又、三国山荘を、今後、改築・新築することはあり得ないと考えるので、極端なことを言えば、KWV全財産を山荘の維持管理に回しても良いのではないか。そうすれば,今後、少なくとも十数年は何とかなるでしょう。

この先、2025年問題を控えており、小生の様な団塊世代が後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳上、10人に1人がボケ老人になるだろうとされており、恐らく、社会構造そのものがどうなるのか分からないでしょう、それこそ"不透明・不確実性の時代"を迎えるだろう。そんな中、今から、将来をとやかく言っても始まらないでしょう。なる様にしかならないでしょう!ケセラセラ!

要は、三国山荘は"現役ありき"で、当面、考えたらどうでしょうか。現状の現役活動に対し、ああせい、こうせいと多くは望まないが、"現役ありき"の三国山荘として主体的に動いてもらいたい。性格は異なるが、遭難対策委員会の様に、現役主体の活動に、OBが、適宜、経験を生かしてのサポート役になれればと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です